瑠璃光寺五重塔

山口県山口市香山町には瑠璃光寺(るりこうじ)という曹洞宗のお寺があります。大内文化を伝えるお寺で西の京・山口」の観光名所のひとつです。本尊は薬師如来です。山号を保寧山といいます。大念珠やなで佛などがあります。

境内にある室町時代中期の建築物、瑠璃光寺五重塔は国宝となっており日本三名塔の一つです。夜はライトアップされている姿をみることができます。五重塔は大内25代義弘の弟26代盛見が応永の乱戦死した義弘の菩提を弔うため建立を計画しました。完成したのは嘉吉2年(1442)ごろです。周囲は香山公園として整備されています。塔の高さは31.2mあり、檜皮葺き屋根で上のほうにいくほど細くなっています。冬季には雪化粧した五重塔が見られます。

冬季が明けて春季になると梅や桜を見ることもできます。春期が過ぎれば新緑、ツツジ、秋になれば紅葉と一年を通して風情を感じられます。アクセスはJR「新山口駅」より山口市コミュニティバス「香山公園五重塔前」行きで14分、「香山公園五重塔前」で下車します。車だと中国自動車道小郡ICから20分です。見学は自由ですが香山公園前観光案内は朝9時から夜18時までです。入場料金は無料で定休日はありません。

帯石観音で食す季節の味覚

帯石観音は山口県周防大島にある嵩山の観音堂側にある南無阿弥陀仏と彫られた巨石です。
安産や子育ての観音様として有名で、安産祈願に人々が訪れます。

周防大島は瀬戸内海に浮かぶ、温暖で自然豊かな島です。
長寿の島であり、ヘルシーな郷土料理が島民の生活にかかせないものになっています。
秋季にこちらを訪れるとみかん狩りが楽しめます。
山口県で生産される80%がこの島のもので、みかんの島とも呼ばれるほど、みかんがたくさん栽培されています。

もちろん美味しいみかんはそのままお土産にして生食するのも良いでしょう。
しかし是非秋季以降なら味わいたいのが「周防大島みかん鍋」です。
瀬戸内でとれた新鮮な魚介類の鍋に香り爽やかな焼きみかんが浮かんでいるお鍋です。
見た目にも鮮やかで斬新ですが、みかんは皮にも体に良い成分が含まれれていますので、丸ごとその成分を採ることのできるみかん鍋は体が温まり健康にもとても良いのです。

また周防大島はタチウオでも有名です。
タチウオは大変美味しい白身の魚ですが、こちらで捕獲されたものはブランド化されているほどです。
新鮮なタチウオの刺身を皿に並べると鏡のように美しいことから名づけられたタチウオの鏡盛りも、是非味わいたい味覚のひとつです。

 

須佐湾まったり旅

山口県錦町の府谷では毎年春季になると府谷の芝桜まつりを開催しています。山間ののどかな山村に咲き誇る芝桜が、菜の花やソメイノシノなどと共に鮮やかなグラデーションを描く光景はとても美しく、毎年多くの人が観光や写真撮影を目的に訪れています。四月中旬まで毎日おこなわれているこの芝桜まつりでは地元の特産品や木工芸品などの販売が行われているほか、特設カフェが設けられており、そこではコーヒーやお茶、食事などを味わうことができます。
また芝桜まつりが行われている府谷のすぐ近く、国道187号線沿いには道の駅ピュアラインにしきがあり、そこでも地元の特産品が販売されています。府谷は清らかな水と豊かな土壌が育んだコンニャクやワサビが有名で、道の駅に併設されてあるレストランにおいてコンニャクステーキなどのコンニャクを用いた料理を味わえるほか、手作りコンニャク体験なども開催しています。また道の駅の販売所では地元の特産品としてコンニャクやワサビなどの加工品も多数販売していますので、府谷のお土産を買い求める場としても最適です。
うまくいけば芝桜と菜の花と桜を同時に愛でることのできる府谷、山口県の春季の観光スポットとして定番となりつつあります。

府谷の芝桜のお土産情報

萩・津和野というセットの言葉があります。これは二つとも地名を表した言葉で、山陰の小京都とも言われている地域です。京都のような厳かな雰囲気をいくらかは醸し出している、歴史観溢れる土地です。津和野町は島根県にあるのですが、萩市は山口県にあります。両方ともが違う県にありながらも、隣接するような感じにもなっているのです。
特に萩市市に代表される山口県なのですが、その他にも有名なことがいくつかあります。まずは本州の最西端に位置する県であるということです。そのすぐ西側は関門海峡を挟んで九州地方となります。渦潮を見ることもできる海峡で、観光客も多く訪れます。その他にもその近くに海響館という水族館もあります。また山口駅、そして小郡駅のような区間で現代でもSL列車が走っていたりします。鉄道ファンには持って来いのイベントとなります。
このように各地に特徴があり、更に歴史的にも趣のある地が山口県であり、その全ての場所には車で行くことができるようになっています。これらは全てお勧めのスポットであり、高速道路を使用しての経路でも利用できるような配置になっています。みなさんが山口にお越しの際には、このようなお勧めスポットを回られたら良いでしょう。

山口県錦町の府谷では毎年春季になると府谷の芝桜まつりを開催しています。山間ののどかな山村に咲き誇る芝桜が、菜の花やソメイノシノなどと共に鮮やかなグラデーションを描く光景はとても美しく、毎年多くの人が観光や写真撮影を目的に訪れています。四月中旬まで毎日おこなわれているこの芝桜まつりでは地元の特産品や木工芸品などの販売が行われているほか、特設カフェが設けられており、そこではコーヒーやお茶、食事などを味わうことができます。
また芝桜まつりが行われている府谷のすぐ近く、国道187号線沿いには道の駅ピュアラインにしきがあり、そこでも地元の特産品が販売されています。府谷は清らかな水と豊かな土壌が育んだコンニャクやワサビが有名で、道の駅に併設されてあるレストランにおいてコンニャクステーキなどのコンニャクを用いた料理を味わえるほか、手作りコンニャク体験なども開催しています。また道の駅の販売所では地元の特産品としてコンニャクやワサビなどの加工品も多数販売していますので、府谷のお土産を買い求める場としても最適です。
うまくいけば芝桜と菜の花と桜を同時に愛でることのできる府谷、山口県の春季の観光スポットとして定番となりつつあります。

 

 

あさひのドライブプラン

山口県の萩市大字佐々並の国道309号線と萩往環線の262号線の交差点付近には、「あさひ」と言う道の駅が在ります。
この場所は、山口市と萩市街地のほぼ中間に位置しており、2つの国道は交通量もある事からも、この道の駅に立ち寄る人が多いと言えます。

また、この道の駅の施設の道路沿いには、アクティビティパークの看板が在り、このアクティビティパークでは、オートキャンプやレーシングカートを楽しめる施設となっています。
尚、アクティビティパークまでは、道の駅より7キロ先となっています。

また、道の駅周辺には数多くの観光スポットなども有ります。
例えば、佐々並市の重伝建地区では史跡の萩往還があり、この場所に訪れる観光客も少なくありません。

また、この道の駅はこれらの観光スポットの中継地点でもあり、休憩として利用する人も多いのが特徴です。
道の駅では、地域の情報を発信しており、ルート案内を、情報端末機を利用して発信したり、他にある道の駅の情報を、情報端末機を利用して情報を入手する事が可能になっています。

また、山口県や萩市の特産品などを販売しているお店や、この地域で生産された食材を使った料理を食べれるレストランなどが道の駅の中にあります。

きくがわを日帰りで遊ぼう

山口県下関市菊川町には道の駅「きくがわ」が在ります。
この道の駅が在るのは、国道491号線沿いで、山口県道の34号、下関長門線との交差している近くに設置されています。

尚、この道の駅は、中国自動車道の小月インターチェンジを降りて、約8分ほどの場所に在ります。

菊川と言う町には幾つかの名産品が在ります。
その一つに、菊川そうめんが在ります。
道の駅の中にあるレストランでは、菊川そうめんを食べる事も可能になっていますが、菊川そうめんが中心となったメニュー構成になっているのが特徴でもあるのです。

また、この道の駅の中には、パンつくりを体験できる体験施設が設けられています。
この施設では、パンつくりを体験できると同時に、道の駅の販売所で売るパンも焼かれており、焼きたてのパンを購入する事も可能になっているのです。

因みに、菊川町と言うのは、エビイモ、ヤーコン麺、アイガモ肉などが特産品になっており、これらの具材を利用した、「小日本ぶちうま鍋」と言う料理が在ります。
それぞれ地元で作られた野菜などを使ったこの鍋は、菊川町を代表する鍋料理でもあり、この地に訪れた場合は味わってみたい料理の一つであると言えます。

また、菊川そうめんと言うのは、山口県のふるさと特産品振興奨励賞受賞をしているもので、コシの強さが自慢だと言います。

サザンセトとうわに行くなら知っておきたいこと

山口県萩市の国道191号線沿いにある道の駅、ゆとりパークたまがわは、日本海に面して田万川が近くを流れる自然豊かな地域にあります。施設の建物は、地元の名所である西堂寺六角堂を形取った黒い六角形の屋根が特徴で広々としています。
車の運転に疲れたら、施設内のレストランでバイキングや軽食をとったり、地域の特産品の買い物を楽しむ事ができます。鮮魚や海藻類、貝類、ちりめん、乾物など海の幸と、ぶどう、りんご、栗、桃、温州みかん、野菜類など山の幸と様々な名産品が豊富なのが特徴です。特に旅行客に人気があるのは、田万川町原産の長門ゆず吉を原料に作られた、なごみ餅やたまがわ外郎、まろや羹、そしてゆず吉ジュースやゆず吉酢となっています。
情報コーナーでは、現在の渋滞情報やルート案内、工事規制情報等を端末機や地図、案内係によって提供してもらえます。行き先を確認し、お土産を選んで旅の疲れを癒してはいかがでしょうか。
のんびりと休憩をされる場合は、近くの田万川温泉、憩いの湯がお勧めです。大浴場に庭園風の露天風呂も完備されています。また、観光名所の西堂寺六角堂や田万川キャンプ場、瀬越海水浴場でも家族で楽しむ事が出来るのでお勧めです。

 

 

ゆとりパークたまがわツアーマップ

山口県萩市の国道191号線沿いにある道の駅、ゆとりパークたまがわは、日本海に面して田万川が近くを流れる自然豊かな地域にあります。施設の建物は、地元の名所である西堂寺六角堂を形取った黒い六角形の屋根が特徴で広々としています。
車の運転に疲れたら、施設内のレストランでバイキングや軽食をとったり、地域の特産品の買い物を楽しむ事ができます。鮮魚や海藻類、貝類、ちりめん、乾物など海の幸と、ぶどう、りんご、栗、桃、温州みかん、野菜類など山の幸と様々な名産品が豊富なのが特徴です。特に旅行客に人気があるのは、田万川町原産の長門ゆず吉を原料に作られた、なごみ餅やたまがわ外郎、まろや羹、そしてゆず吉ジュースやゆず吉酢となっています。

 
情報コーナーでは、現在の渋滞情報やルート案内、工事規制情報等を端末機や地図、案内係によって提供してもらえます。行き先を確認し、お土産を選んで旅の疲れを癒してはいかがでしょうか。
のんびりと休憩をされる場合は、近くの田万川温泉、憩いの湯がお勧めです。大浴場に庭園風の露天風呂も完備されています。また、観光名所の西堂寺六角堂や田万川キャンプ場、瀬越海水浴場でも家族で楽しむ事が出来るのでお勧めです。