帯石観音で食す季節の味覚

帯石観音は山口県周防大島にある嵩山の観音堂側にある南無阿弥陀仏と彫られた巨石です。
安産や子育ての観音様として有名で、安産祈願に人々が訪れます。

周防大島は瀬戸内海に浮かぶ、温暖で自然豊かな島です。
長寿の島であり、ヘルシーな郷土料理が島民の生活にかかせないものになっています。
秋季にこちらを訪れるとみかん狩りが楽しめます。
山口県で生産される80%がこの島のもので、みかんの島とも呼ばれるほど、みかんがたくさん栽培されています。

もちろん美味しいみかんはそのままお土産にして生食するのも良いでしょう。
しかし是非秋季以降なら味わいたいのが「周防大島みかん鍋」です。
瀬戸内でとれた新鮮な魚介類の鍋に香り爽やかな焼きみかんが浮かんでいるお鍋です。
見た目にも鮮やかで斬新ですが、みかんは皮にも体に良い成分が含まれれていますので、丸ごとその成分を採ることのできるみかん鍋は体が温まり健康にもとても良いのです。

また周防大島はタチウオでも有名です。
タチウオは大変美味しい白身の魚ですが、こちらで捕獲されたものはブランド化されているほどです。
新鮮なタチウオの刺身を皿に並べると鏡のように美しいことから名づけられたタチウオの鏡盛りも、是非味わいたい味覚のひとつです。

 

コメント